危機 介入 アプローチ。 第27回

介入 アプローチ 危機

👉 障害福祉の世界で働き始めて12年、カリスマ社会福祉士です。 わが国の精神保健医療福祉関連の法制度の変遷、諸外国の精神保健医療福祉の動向、精神保健医療福祉の事項と人物等がそれぞれ、3~4年に1回の間隔で出題されていますので、そのことを踏まえて対策しておくことをおすすめします。

3
介入 アプローチ 危機

💅 しかし問題が普通以上に大きい時,もしくは個人の人格に関わる重要な問題が起る時,もしくは個人が保持している対処機制ではどうにもならない問題が起きる時,人は情緒的に危険な状態になり危機へと進んで行く。

10
介入 アプローチ 危機

😎 教科書の記述だと、いろいろな人が関わってできたという感じで誰が創始したという明確な言及はありませんが、論文では最初にリンデマンとキャプランが創始者と書いてあります。 地区化政策(セクトゥール)制度は、一定の人口規模を1つの区域として、精神科医療に必要な精神科病床、施設を配置して必要なすべての施設を備え、治療と生活支援を一体的に提供して、地域の中で生活しながら精神科医療を受けられるという制度です。

14
介入 アプローチ 危機

⌛ Caplan)による地域予防精神医学研究の各成果を摂取し、短期処遇の方法として理論化、体系化され、医学・精神医学、心理学、ソーシャルワークなどのなかで活用されてきている。 そして今回初めて知りましたが危機介入の分野でKaplanという人もいるんですね。

5
介入 アプローチ 危機

😍 では、まず前回の課題の解説をしておきましょう。

20
介入 アプローチ 危機

✌ 早期介入の部分は正しいと思います。

5
介入 アプローチ 危機

🐝 選択肢の中で最も適切なのは、明らかに選択肢1です。 )である。

5
介入 アプローチ 危機

🤣 となると、「起源とする」の部分が正しいかどうかが問題です。