怪しき 気配 じゃ。 モノノ怪『のっぺらぼう』考察後編・「他者としての自己、逃避の中の恋」

じゃ 怪しき 気配

✇ テーブル8,14の価値としては「テーブル不問の250G~と同じくらい」と考えています。

16
じゃ 怪しき 気配

☯ つまり 「今作の絆2はモードCの重要度が下がったぶん、BC間or有利区間でのハマリの重要度が上がった」ということです。 私がこの面を表と認めれば、それはいとも容易く、私の顔となるのです。

じゃ 怪しき 気配

✍ 人間はの分人の集合であり、それを外側から統合するのが人の「顔」であり「名」なのだ。

18
じゃ 怪しき 気配

⚒ まるで、お蝶の心の「悲しみ」に呼応するように、彼女に言葉を与えるのである。 彼女を欺く事でしか、「のっぺらぼう」はその形を保てなかったが、その中には、自分を助け出したい、自分を解放したいという意識が少なからず含まれており、それが狐面の男の行動として表出していたのではないか。

じゃ 怪しき 気配

🤑 それは確実に期待値マイナスなので止めたほうが良いです。 それは、結果として、彼女の救ったとは言えないのかもしれない。

6
じゃ 怪しき 気配

😄 この二人の間にある「恋」とは何なのだろうか? それは、男女が惹かれあう、異性間の「恋」だろうか。 一方の田沼は夏目の心配をよそに妖怪との交流を楽しむが、次第に体調が悪化してしまう(『怪しき来訪者』)。

7
じゃ 怪しき 気配

❤️ 先代バジ絆の経験から、バジ絆2も割と広範囲に打てるだろうと、ちょこちょこ打っているのだけど、なかなか結果が出ない。

11